済生会山口地域ケアセンター|社会福祉法人 恩賜財団済生会支部山口県済生会

  • ボランティア募集
  • 広報誌ダウンロード
  • 入札情報
  • リクルート

山口大学と「包括的な連携協力に関する覚書」を締結しました。

 当センター(所長 安武俊輔)と国立大学法人山口大学大学院経済学研究科(成富 敬 研究科長)は、9月22日、「包括的な連携協力に関する覚書」を締結しました。

 

   成富研究科長(左)と安武所長(右)

 内容は①修了生による授業提供 ②人材育成 ③地域の医療福祉マネジメント ④共同研究等で、協力関係を組織的に行うこととしており、大学、済生会ともにより一層強い協力関係を結ぶことで、地域の総合的な医療と福祉の充実と発展に寄与することとしています。

 

 同大学院は、「医療・福祉経営領域のあらゆる問題解決には、医療・福祉施設におけるマネジメント理論やマネジメント教育が必要」と謳い、経済学研究科企業経営専攻医療・福祉経営コースを設置し、医療・福祉施設の管理者、病院経理・施設経理・経営のスペシャリストを育成しています。

 

 なお、当センター役職員には、現在同大学院で講師として学生の指導に携わる者、同大学院の修了者が多く在籍しています。

 

  今後とも、当センターは産官学の連携を促進し、山口モデルとしての地域包括ケアシステムの構築を目指しながら、全ての人が社会の一員として、生き生きと暮らすことができるまちづくりに取り組んでいきます。

 

 

 

 

このページの先頭へ

済生会山口地域ケアセンター