済生会山口地域ケアセンター|社会福祉法人 恩賜財団済生会支部山口県済生会

済生会について

済生会生活困窮者支援事業『なでしこプラン』

済生会は生活困窮者を支援する「なでしこプラン」を実施しています。
ホームレス状態の人や家庭内暴力(DV)被害者、刑務所出所者、障害者、高齢者、在日外国人等で、医療・福祉サービスにアクセスできない人たちを対象に巡回健診、予防接種、健康相談等を行うものです。

済生会は、生活困窮者を医療で救済する「施薬救療」を目的として明治45年に発足しました。
その目的を果たす制度が、生活保護受給者をはじめとして低所得者の医療費を免除または減額する「無料低額診療(無低)事業」で、本会は医療施設を中心に広く展開しています。
しかし、現実には、こうした社会保障制度の対象とならない人、例えば所得が生活保護の基準以下でありながら保護を受けない人、あるいは少額の国民年金だけで生活している高齢者、着の身着のままで避難したDV被害者、更生保護施設で社会への復帰を目指している人等もたくさんいます。社会経済環境の変化に伴い、経済的困窮や社会的孤立などが深刻化しているのです。

そこで、無低事業の対象者より広く、医療・福祉サービスにアクセスできない人々を支援しようとスタートしたのが本会の紋章を冠した「なでしこプラン」事業です。平成22~24年度の3年間で、延べ、316,207人を対象に無料で健康診断やインフルエンザワクチンの接種等を行いました。

(社会福祉法人恩賜財団済生会HPから転載)

山口圏域生活支援協議会

生活困窮者をめぐる問題を協議し、解決策を共に検討する場として、生活支援協議会が開始されたのは2010年1月でした。山口地域ケアセンターが呼びかけ、山口保護観察所、山口刑務所、更生保護施設ひまわり寮、山口市社会課、基幹型地域包括支援センター、山口県地域生活定着支援センター(山口県社会福祉協議会)、山口市社会福祉協議会、済生会山口総合病院等から、相談窓口の担当者に参加していただいています。
以来、毎月欠かさず協議を重ね、その後パーソナルサポートセンター山口、ハローワーク山口等からも参加があり、それぞれの相談窓口だけでは解決が難しいケースについて、お互いの知恵を寄せ集めて打開策を探るような協議を重ねてきています。

山口圏域生活支援センター

山口圏域生活支援協議会での検討重ねる中で、窓口で待っているだけの支援では限界があるケースと出会い、必要な時にはすぐに出向いて行く支援を目指して、2013年2月に山口圏域生活支援センターが、山口地域ケアセンター内の組織として発足しました。地域医療介護連携室・医療社会事業室やセンター事務局スタッフを中心に全員が兼務の体制ながら、必要時に動けるよう毎月情報共有を図っています。これまでの支援で、住まいがなく身元保証人のいない、ホームレス状態のような対象者の生活確保に動き、ケースによっては限界もありながら、落ち着いた生活が実現できるなど成果も生み始めています。

済生会山口圏域ボランティアネット(SYVN・サイブン)

災害時の緊急支援を医療と介護で結びながら行う、職員によるボランティア組織です。2011年3月の東日本大震災の時には、地震発生の1週間後に医療介護チームを派遣でき、その後も半年間にわたって東北各地に継続支援した経験を持っています。その後、2013年7月の山口市北部での大水害でも泥出しなどのボランティア活動を実施しました。災害支援が柱ですが、生活困窮という点ではさらに広範な共通課題もあり、済生会の使命を担える職員ボランティアとして、今後も活動範囲の拡大に向けて準備していきます。

このページの先頭へ